HOME入院情報>ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品(後発薬品)とは、既に開発販売されている医薬品(先発薬品)と成分・用法・容量・効能など同じ医薬品のことで、厚生労働省の認めた医薬品です。

ジェネリック医薬品(後発薬品)を選ぶ利点としては、処方された薬代を安くすることができます。

ジェネリック医薬品に変えるには

平成20年4月からは、医師から渡された処方箋に「後発医薬品処方禁止」と記入されていなければ、薬局で直接話しをして変えてもらえるようになりました。

医師に相談する必要が無くなったことで、ジェネリック医薬品(後発薬品)に変えやすくなったと言えます。

ジェネリック医薬品の問題点

ジェネリック医薬品(後発薬品)の抱えるいくつかの問題点。
  • 見慣れない製薬会社に対する不安感
  • 完全に同等製品と言える真実性
  • 薬局での取扱
  • すべての薬にジェネリック医薬品(後発薬品)がある訳ではない

最も大きな問題点は、薬代が減る=薬局の収入も減収することから、否定的な薬局も残念ながら存在します。


ジェネリック医薬品申込体験

私がジェネリック医薬品(後発薬品)を使用したいと思ったのは、毎月の医療費を下げたい一心からです。

そこで、まずは病院の医師へ変えてみたいことを相談したところ、一部の薬はジェネリック医薬品(後発薬品)があるかもしれないということで、早速処方箋を持って薬局へ行く。

薬局にて薬剤師へ相談したところ、単価の安いジェネリック医薬品(後発薬品)は存在しましたが、その薬局では信頼性を100%補償出来ないと言われ、取扱する予定も無いと告げられる。

回答が出るまで歯切れも悪く、明らかに安い単価の薬を売って儲けを減らしたくないという意図を感じ取れ、一念発起した行動も結局は入手出来ず無駄になりました。

ジェネリック医薬品(後発薬品)は以前より市民権は得ているようですが、今後は薬局の意識改革を進めて行く必要性があるようです。





Google