HOME入院期>12日目(発症19日目)

本日の痛み部位・苦痛度

7 痛み部位と苦痛度
苦痛度詳細 #異常部位 #正常部位

本日の症状と診察

膀胱留置カテーテルには徐々に慣れ、尿意を感じトイレへ行く際にも装着当初よりは、排尿できるようになってきた。

ただ、間に合わない時の方がまだまだ多く、トイレなどで漏らしてしまうこともある。

痛みについては、ここ数日は広範囲に及んではいるが、入院時のような痛みは主に足の方に集中し、腰などは軽い痛みだけで済んでいるため、歩行器で歩くには問題ない。

痛みの感じ方についても、強くても触れなければ大丈夫な時と、弱くても常に痛みを感じる時があるのは不思議だ。

本日の定期検査

  • 最高血圧:120mmhg
  • 最低血圧:87mmhg
  • 脈拍数:93回
  • 体温:36.5℃

本日の特別検査

血糖値測定
  • 11:30-103mg/dl
  • 14:00-118mg/dl
  • 20:00-189mg/dl

本日の投薬

薬品名称 起床時 就寝前 とんぷく
日 計 21   12 5 4    
プレドニン錠 5mg 12   8 4      
ガモファーD錠 20mg 2   1   1    
酸化マグネシウム 2g 3   1 1 1    
(泌尿器科)              
ユリーフカプセル 4mg 2   1   1    
ウブレチド錠 5mg 2   1   1    

本日の点滴ほか

本日の生活

膀胱留置カテーテルには困った。
まさかこの歳で排尿に間に合わず、トイレなどで足や床へ漏らした尿を拭く羽目になるとは思わなかった。

トイレに入って歩行器を寄せ、便器に行く僅かな時間でも間に合わないのだから、下着を着けていたら9割以上間に合わなかっただろう。

そもそも、常にカテーテルをぶら下げて歩いている状態では、他人には見えないとはいえ情けなくなる。

歩行器を使っての移動も、しばらく自由に動けなかった反動と、体力を早く回復させるたい気持ちが混ざり、多少無理をしてでも歩きたいと思っていた。


Google

19