HOME入院期>15日目(発症22日目)

本日の痛み部位・苦痛度

5 痛み部位と苦痛度
苦痛度詳細 #異常部位 #正常部位

本日の症状と診察

痛みは太腿から腰までの範囲で、強さに関しては昨日と同じ程度で変化はない。
排尿困難な状態もここ数日は全く変化がなく、袋小路に入ったような状態。

南原医師からは、「焦らずやっていきましょう」と不安の払拭をするために元気づけられた。

主立った検査も血糖値検査で、20:00の数値が201mg/dlとかなり高めになっているが、恐らく検査直前に桃を食べてしまった結果だと思われる。

本日の定期検査

  • 最高血圧:128mmhg
  • 最低血圧:90mmhg
  • 脈拍数:97回
  • 体温:36.8℃

本日の特別検査

血糖値測定
  • 11:30-91mg/dl
  • 14:00-155mg/dl
  • 20:00-201mg/dl

本日の投薬

薬品名称 起床時 就寝前 とんぷく
日 計 23 1 13 5 4    
プレドニン錠 5mg 12   8 4      
ガモファーD錠 20mg 2   1   1    
メチコバール錠 500μg 3   1 1 1    
テグレトール錠 200mg 1   1        
フォサマック錠 35mg 1 1          
(泌尿器科)              
ユリーフカプセル 4mg 2   1   1    
ウブレチド錠 5mg 2   1   1    

本日の点滴ほか

本日の生活

今日は何のへんてつもない日。
この病院の食事の献立は、
  • 日曜日・・・パン
  • 月曜日・・・カレーライス
  • 火曜日・・・2種類から選択
  • 水曜日・・・2種類から選択
  • 土曜日・・・麺類

味付けは、病院食にしては比較的濃いめで食べやすいほうだと思う。
また、量も家で食べているより多い。

また喫煙所に行ってしまった。
複数回行くなど、看護師さんに見つからないように出かけ、先日会ったおじさんとの再会を期待したが喫煙所では会えなかった。

代わりに別のおじさん達が数人たむろしており、
  • 内臓疾患の人(加藤茶似)
  • 首を手術した人(モーガンフリーマン似)
  • 膠原病の人(日本猿似)

様々疾病を患っている人達と出会い、 膠原病のおじさんとは同じプレドニン錠 5mgを服用しており、 お互いプレドニン錠 5mgの量を競争する仲となった。

ここ数日プレドニン錠 5mgの副作用である食欲の旺盛さが現れている。

これまでは完食などはほとんどしなかったが、とにかく何か食べたい衝動にかられ、チョコレートや大福など始終口に入れていないと気が済まず、ムーンフェイス(太って頬に肉が付く状態)に近づきつつある。


Google

22