HOME入院期>36日目(発症43日目)

本日の痛み部位・苦痛度

1 痛み部位と苦痛度
苦痛度詳細 #異常部位 #正常部位

本日の症状と診察

起きた時から左腰部に、動かすと息が詰まるような痛みを感じ、明らかにこれまでの痛みとは全く異なる。

まるで重い物を持って腰を痛めたような感じで、もしかしたら変な格好で寝ていたせいかもしれない。
痛みで動きづらいため、小寺さんに湿布をお願いし、様子をみることにした。

もうひとつ気になるのは、歩行時に限ってめまいを感じることがあり、一瞬上下も分からなくなることから、気を付けなければならない。

いつもの痛みは、脚に若干感じられるものの軽度なもので、排尿時の痛みはまだ治まらない。

夕方になってトイレへ排便しに行き、立ち上がったら急にめまいを感じ、立つと転倒しそうに感じ座り込んでしまった。

なんとかナースコールボタンを押し、渡さんが駆け付けてくれて車イスにてベッドへ戻る。 脈拍は多少落ち着いてから計測したのに120を超えるほどで、呼吸も苦しく気分も優れない。

その後も体調が優れないことから、8時にアモバン錠 7.5mgを服用し眠ることにした。

本日の定期検査

  • 最高血圧:128mmhg
  • 最低血圧:79mmhg
  • 脈拍数:125回
  • 体温:36.8℃

本日の特別検査


本日の投薬

薬品名称 起床時 就寝前 とんぷく
日 計 24 1 12 3 7   1
プレドニン錠 5mg 6   6        
ガモファーD錠 20mg 2   1   1    
メチコバール錠 500μg 3   1 1 1    
トリプタノール錠 25mg 1       1    
ガバペン錠 200mg 3   1 1 1    
フォサマック錠 35mg 1 1          
アモバン錠 7.5mg 1           1
(泌尿器科)              
ユリーフカプセル 4mg 2   1   1    
ウブレチド錠 5mg 2   1   1    
フロモックス錠 100mg 3   1 1 1    

本日の点滴ほか

  • ロキソニンパップ×1(湿布)

本日の生活

毎週土曜日は、朝6時にフォサマック錠 35mgを服用しなければならないため、 どんなに眠くても起こされてしまう。

変な格好で寝ていたせいか、小寺さん起こされた時にびっくりして、テーブルに頭をぶつけてしまいました。 小寺さんのことだから優しく起こしてくれたんだと思いますが・・・。

今日は肝心の痛みは少なかったのに、腰の痛み・排尿時の痛み・めまいなどのいつもと違った症状に苦しめられ、まさかめまいで立てなくなるとは思いませんでした。

もしかしたら、持病のWPW症候群が急に現れて来たのかもしれません。
これまでも症状の重い時には、脈拍数が150を軽々超える経験を何度かしており、胸に刺すような痛みや息苦しい症状を併発してました。


Google

WPW症候群

WPW症候群とは、心臓の神経伝達経路の異常で、通常の信号とは別に信号伝達経路があり、同時に信号が伝達され頻脈を起こす病気。

43