HOME入院期>38日目(発症45日目)

本日の痛み部位・苦痛度

4 痛み部位と苦痛度
苦痛度詳細 #異常部位 #正常部位

本日の症状と診察

夜中に何度も目を覚ましたものの、なんとか夜を過ごせた。

排尿時の残尿感は、尿量の多いときに強く感じられ、腹部を圧迫するように排尿しなければすべてを出し切れない。
ただ、通常の排尿に戻りつつあると感じられる。

午後になると、久しぶりに偏頭痛によってロブ錠 60mgを服用した。

消灯時間になり体調も回復したことから、オーバーテーブルからタオルケットを下ろし、直にかけて寝ようとしたが、眠気はまったく来ないため、アモバン錠 7.5mgを服用することにした。

しかし、その後眠れたものの3時頃に痛みで目が覚めてしまい、タオルケットを肌から離し我慢したが耐えられず、ロブ錠 60mgを内服した。

ところが5時になっても、痛みは一向に治まらずどんどん強くなるため、看護師の東さんに再度相談し、ボルタレン座剤 12.5mgを挿しもらった。

本日の定期検査

  • 最高血圧:118mmhg
  • 最低血圧:77mmhg
  • 脈拍数:98回
  • 体温:36.3℃

本日の特別検査

血糖値測定
  • 11:30-183mg/dl
  • 14:00-140mg/dl
  • 20:00-108mg/dl

本日の投薬

薬品名称 起床時 就寝前 とんぷく
日 計 25   12 3 7   3
プレドニン錠 5mg 6   6        
ガモファーD錠 20mg 2   1   1    
メチコバール錠 500μg 3   1 1 1    
トリプタノール錠 25mg 1       1    
ガバペン錠 200mg 3   1 1 1    
ロブ錠 60mg 2           2
アモバン錠 7.5mg 1           1
(泌尿器科)              
ユリーフカプセル 4mg 2   1   1    
ウブレチド錠 5mg 2   1   1    
フロモックス錠 100mg 3   1 1 1    

本日の点滴ほか

本日の生活

深夜までは、ある程度快適に過ごせた。
しかし、オーバーテーブルを外すのは早すぎたのか、痛みによって目を覚ましてからはかなり強い痛みでどうにもならない。

せっかく眠ることができても、一度目を覚ましてしまうとなかなか寝付けないうえに、痛みまであっては眠気を感じることすら出来なくなってしまう。

久しぶりにロブ錠 60mgボルタレン座剤 12.5mgを使ったにも関わらず、結局起床時間までほとんど寝られなかった。

体調の良い日と悪い日の差は大きく、痛みの強弱よりも有無が基準になっており、ある意味前よりも過剰に反応している部分もあると思われる。


Google

45