HOME入院期>45日目(発症52日目)

本日の痛み部位・苦痛度

2 痛み部位と苦痛度
苦痛度詳細 #異常部位 #正常部位

本日の症状と診察

心地良い目覚めを迎えた。
これまでの改善傾向と一時帰宅の状態、そして今日受診する泌尿器科の診断によって、明日の退院が決まる。

両太腿に多少の痛みは感じられるが、おもいきって病衣の長ズボンを履き、泌尿器科外来へ向かう。

神田医師に、排尿状態を伝え今後は外来にて対応することになり、退院の許可を得た。

その後、回診に主治医の南原医師が来て、無事に明日31日に退院決定

今日は1日長ズボンで過ごすと決めたものの、布の擦れによっていつもより痛みはあるが、なんとか夜まで耐えられた。

夕方に南原医師に妻と別室に呼ばれ、これまでの治療説明と今後の方針について話しをされた。

症状については多少残る可能性もあり、症状を緩和する薬で対処することへの確認と、対処方法としては慣れしかないという話しをされました。

本日の定期検査

  • 最高血圧:128mmhg
  • 最低血圧:93mmhg
  • 脈拍数:91回
  • 体温:36.4℃

本日の特別検査


本日の投薬

薬品名称 起床時 就寝前 とんぷく
日 計 22   11 3 7 1  
プレドニン錠 5mg 4   4        
ガモファーD錠 20mg 2   1   1    
メチコバール錠 500μg 3   1 1 1    
トリプタノール錠 25mg 1       1    
ガバペン錠 200mg 6   2 2 2    
ロヒプノール錠 2mg 1         1  
(泌尿器科)              
ユリーフカプセル 4mg 2   1   1    
ウブレチド錠 5mg 2   1   1    
フロモックス錠 100mg 1   1        

本日の点滴ほか

本日の生活

いよいよ明日無事に退院となった。
朝の時点では、まだ退院は予定となっていたが、受持看護師の加賀さんは朝までの勤務で、明日31日はお休みとのことで最後のご挨拶をする。

加賀さんには、本当にいろいろお世話になり、このご恩は一生忘れないでしょう。
手のかかる患者で大変だったと思うが、最後の最後に長ズボンを見せられて良かった。

喫煙所のおじさん達にも退院の報告をし、同室の楢岡さんも、私と1日違いの8月1日に退院することになり、ほとんど同じ時期に退院できたのは嬉しい。
消灯前にお互いのプチ退院祝いをしてから就寝についた。


Google

52