HOME>脊髄炎とは

脊髄炎とは

脊髄は、頸髄・胸髄・腰髄・仙髄に分けられます。
そのいずれかの部分に何らかの理由により、炎症を生じた時に脊髄炎と呼ばれます。

脊髄炎の種類

白質脊髄炎(はくしつせきずいえん)
予防接種・ウィルス感染症によって発症。
灰白脊髄炎(かいはくせきずいえん)
ポリオ、帯状疱疹、ウィルス感染により発症。
髄膜脊髄炎(ずいまくせきずいえん)
結核、真菌、梅毒による髄膜炎が脊髄にまで及ぶことにより発症。

脊髄炎の症状

発症した脊髄部位に傷害が生じることによって、その神経を司る部位に相当する下半身を中心に障害が現れます。

横断性に障害は現れ、障害部位には運動障害・感覚障害のほかに、膀胱直腸障害も現れます。

運動障害
全く動かなくなったり力が入らないなど、意志どおりに動かせないため、歩行困難など生じます。
感覚障害
触れた時に、強い衝撃でも全く感じなかったり、わずかな接触でも過敏に反応するなど、全く違う感覚になります。
膀胱直腸障害
排尿排便を出来なくなったり、意志とは無関係に失禁などしてしまいます。

脊髄炎の検査方法

MRI
病変・血管障害などを調べます。
腰椎穿刺(ようついせんし)
脊椎に注射針を刺して髄液を抽出し、細胞増多・蛋白上昇などを調べます。

脊髄炎の治療方法

副腎皮質ホルモン剤を用いる。
運動障害時にはリハビリも並行して行い、感覚障害時では、過敏な症状には鎮痛剤を用いて症状を和らげます。

副腎皮質ホルモン剤には、副作用の影響によって様々な症状を発症する可能性もあるため、それら副作用を抑える薬も併用します。
主な副作用
  • 感染症
  • 胃潰瘍
  • 血糖値上昇
  • 骨粗鬆症
  • 緑内障
  • 高血圧・高脂血症
  • 不眠
  • 食欲・体重増加
  • ムーンフェイス(顔が丸くなる)
など数多くの副作用があります。






Google