HOME通院期>第11回目(249~276日目・3/11)

今回までの苦痛度

130
苦痛度詳細

今回までの症状と診察

気候の穏やかさと比例するように、これまでの痛みは急激に小さくなった。

睡眠不足も解消され、1日中長ズボンを履いていられるなど、ようやく退院時と同じ程度まで回復してきた。

排尿の悪化も一応止まったように思えるが、排尿に2分以上かかったり量自体も少なく感じる時もある。
改善したというにはまだまだかかりそうだ。

今回の特別検査

-

今回までの投薬(28日間)

薬品名称 起床時 就寝前 とんぷく
日 計 368   140 84 140   4
メチコバール錠 500μg 84   28 28 28    
トリプタノール錠 25mg 84   28 28 28    
ガバペン錠 200mg 84   28 28 28    
ロブ錠 60mg 4           4
(泌尿器科)              
ユリーフカプセル 4mg 56   28   28    
ウブレチド錠 5mg 56   28   28    

今回までの生活など

主治医の町田医師が配置転換により、今回で最後の診察となってしまった。

入院から約9ヶ月・・・、最初から診察してくれた医師の診察を受けられなくなるのは非常に残念で、次回からの医師はどんな人なのか不安。

この医師は、患者の症状を診るため患者に触れるという当たり前のことをしてくれる。
検査数値だけで判断する医師が多いなか、これまで診察を受けた数多くの医師と比較しても、安心感のある良い医師だった。

4月以降の配置先でも、患者のために頑張って欲しいです。
長い間本当にありがとうございました。


Google

277